包茎治療クリニック

包茎だと亀頭包皮炎になりやすい?その原因と対策について

亀頭包皮炎は性病ではありませんが、なってしまうと私たちの息子が非常に辛い思いをする症状です。

実はこの亀頭包皮炎、特に包茎の人になりやすいということをご存知でしょうか?

今回は、そんな亀頭包皮炎について詳しく解説していきます。

 

1.そもそも亀頭包皮炎ってなに?

そもそも亀頭包皮炎とは、菌によって起こる感染症の一種です。簡単にいうと「ペニスの炎症」ですね。

黄色ブドウ菌や大腸菌、淋菌、カンジダ菌などといった雑菌が亀頭や包皮に感染してしまい、その結果として炎症を引き起こす病気なんですよ。

性感染症ではないため、性行為で相手に感染することはありませんが、症状は似ています。なので、梅毒や性器ヘルペスといった性感染症と勘違いするケースが多く、男にとっては厄介な病気として嫌厭されていますね。

 

1-1.亀頭包皮炎になる原因

亀頭包皮炎は、主に陰茎部分に汚れや細菌の繁殖が原因となって発症します。包皮のところにチンカスが溜まるのは、男性なら誰しもが体験することかと思いますが、そのチンカスがこの病気の原因になるんですよ!

ただ、いくらチンカスが溜まっていたとしても、ペニスだってそう安々と感染するわけではありません。

じゃあなんで亀頭包皮炎が起こるのかって?それは「傷」の影響があるからです。

性行為や自慰行為をはじめ、ペニスの洗いすぎや下着との摩擦なんかで亀頭や包皮が傷つくと、チンカスに潜む細菌がそこから内部に入り込んできます。

そうするとあら不思議。瞬く間に亀頭包皮炎の出来上がりです!

細菌と傷、この2つが合わさることで簡単に亀頭包皮炎になってしまうんですよ。

 

1-2.亀頭包皮炎の症状

亀頭包皮炎は炎症なので、基本的に腫れ上がり、痛みやかゆみを伴います。

悪化すると、包皮がただれ、水膨れやかさつきを起こし、恥垢が大量に出るなど、想像するだけでもペニスが縮みあがる症状に……。

 

また、カビの一種でもあるカンジダによって亀頭包皮炎が引き起こされると、亀頭から包皮にかけてカビが増殖して、白いかすがたまります。そして、かゆみや腫れなどの炎症に。

ペニスにカビができるなんて、そんな状態絶対に彼女に見せられませんよね……。恐ろしい病気ですよ、亀頭包皮炎は。

2.どうして包茎だと亀頭包皮炎になりやすいの?

亀頭包皮炎は特に包茎の人がかかりやすい病気なのですが、それにはちゃんと理由があります。

包茎の人は比較的チンカスを溜めやすく、蒸れのせいで細菌が繁殖しやすいからです。

包茎は、包皮が陰茎を包み込んでいるため、どうしてもチンカスを溜めてしまいがち。亀頭が包皮に覆われていると、湿気を溜め込んでしまうので、蒸れも生じます。そんな環境下では、菌が活発になるのも頷けますね。

じゃあちゃんと定期的に包皮を剥いてチンカスを取って、乾かせばいいじゃないか!となるわけですが、包茎の人は包皮を剥くと傷つくことがしばしばあるので、そこで傷つけると亀頭包皮炎にかかる確立がグッと上がります。

このように、細菌を溜めやすい・繁殖させやすい・ペニスに傷を付けやすいといった理由があるので、包茎の人は亀頭包皮炎になりやすいんです。

上野クリニック

3.亀頭包皮炎の対策方法!

包茎は日本人の7割を占めているといわれています。それだけ多くの日本人が、亀頭包皮炎になりやすいのは、ちょっとした恐怖ですね。

では、どうしたら亀頭包皮炎を防ぐことができるのでしょうか。その対策について見ていきましょう。

 

3-1.ペニスを清潔に保つ

亀頭包皮炎にならないためには、とにかく細菌を繁殖させないことです。特に包茎の人は、ズルムケの人よりも菌が繁殖しやすいので、定期的にペニスを洗い、チンカスを取り除いて清潔に保つようにしましょう。

その際は、包皮を剥くことでペニスを傷つけないよう、最新の注意を忘れずに!

 

3-2.ペニスを洗い過ぎない

ペニスを洗えば、チンカスとともに普通の細菌は除去できますが、カンジダだけは完璧に取り除くことができません。

なので、ペニスを洗い過ぎると、普通の細菌がなくなる一方でカンジダが増殖してしまい、細菌のバランスが崩れ、亀頭包皮炎になりやすくなってしまうという落とし罠にハマってしまいます。

また、過度な洗浄はナイーブなペニスを傷つけてしまいますので、洗いすぎには注意しましょう。

 

3-3.過度なSEX・自慰行為に気をつける

SEXや自慰行為の回数があまりにも多いと、その分ペニスを傷つける可能性も高くなります。特に包茎の人は包皮の剥け具合で簡単にペニスが傷つきますので、やり過ぎには注意しましょう。

また、ハードなSEXや自慰行為にも同じことがいえます。具体的には足コキや床オナなんかがペニスを傷つける原因になりやすいです。足や床は細菌も多いので、傷つけると高い確率で亀頭包皮炎になりますよ。

 

3-4.手術して包茎を治す

包茎の場合、どうしても衛生面とダメージ面で亀頭包皮炎にかかりやすいので、手術して治すことが一番の対策になります。

特に、真性包茎の人は自分で包皮を剥くことができないため、衛生的に問題があります。性病を含め、病気になりやすいのを考えると、包茎を治すメリットは大きいですね。

4.亀頭包皮炎になってしまったら?

対策をしていても亀頭包皮炎にかかることはあります。症状が軽度で、包皮が健康的な状態であれば、清潔に保つことで自然治癒することもありますが、放置した結果悪化することも。ひどい状態になると、治療が難しくなるケースも。

特に、包茎の人は患部が乾きにくく市販の薬を使っても治らないことが多いです。自分でなんとかしようとせず、専門の医療機関で治療を受けましょう。

基本的には、泌尿器科で塗るタイプの薬と抗生物質が入った飲み薬が処方されます。

亀頭包皮炎は再発しやすく、完治まで時間がかかる病気です。治療期間は、通気性の良い下着をはき、患部を清潔な状態に保つようにしましょう!

 

5.男のシンボルを清潔に保ち、亀頭包皮炎に備えよう!

亀頭包皮炎にかかると、SEXも自慰行為もできなくなりますし、何よりもペニスがグロテスクなことになります。痛みも痒みも合わさり、まさに最悪な状況です。

あそこに関しての病気は非常にデリケートな問題。包茎の人になりやすいという点を改めて認識し、病気にならないよう対策を心がけることをおすすめします。

包茎治療 流れ

【関連記事】

包茎ってどんな状態?最も危険な包茎の種類と原因

亀頭と包皮が完全に癒着!これって亀頭包皮炎?亀頭包皮炎とその対処法

The following two tabs change content below.

VERANA編集部|NAOKI

NAOKI 1981年生まれ <編集・ライター> 某男性向け週刊誌で企画・編集を手がけ、これまで200人以上の男女の性体験を取材。 2017年よりVERANAに参加し、出版社での体験取材で得た経験をもとに執筆活動中。